スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知恵とお力を貸してください

【お知恵を貸してください】
先日、私どもへのお問い合わせで、以下のような内容がありました。
 
生まれついての病気で、痰吸引が必要なお子さんを持つ親御さんからの問い合わせです。
「この春に4歳になるので、支援のある幼稚園や保育園に通園させたいのですが、
園の保育時間が10時~15時なのです。両親の通勤時間の都合もあり、お願いして9~10時と15時~17時は子どもを園内に待機させてくれることになりました。けれど、その間その子を見てくれる人が必要です。
しかし、自宅外は訪問看護が使えず、自費で看護師を雇うのは金額的に難しいです。
よって、以下の2点のご相談です。
①平日の9~10時と15~17時の待機時間に子供を見てくれる人(痰吸引ができる人)を無料または安価に手配する方法。
または、
②痰吸引ができる職員や看護師が常駐する保育園(保育時間が9~17時)が通える範囲にあれば教えてほしい。」
 (上記内容は、私の解釈を加えてアレンジしています。)
 
福岡市早良区にお住まいのご家族です。
(通園は、春休み・夏休み・冬休みを除く)
 
お子さんの社会的な成長のために、ぜひ通園させたいそうです。
 
「旅をあきらめない」が「通園をあきらめない」に変わってますが。
 
どなたかお知恵を貸してくださいませんか。
よろしくお願い申し上げます。
 
(写真は、イメージです)
 
改2b5a6c58a902c78ceffd0609c95bd65b_m

テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

経 営 者

大橋日出男

Author:大橋日出男
NPO法人でバリアフリーの旅行会社を立ち上げました。
15年間、看護師として大学病院に勤めた後、退職。
 
現在は、障害や病気をお持ちの方むけのオーダーメイド外出・旅行サービスを手掛けております。
看護師等が外出や旅行に付き添うことで、旅の安心と安全を全力でお届けします。
旅行前の、ドキドキ感やワクワクを感じていただきたい。
そんな私の起業・経営の日記です。

「公式ホームページ」へ
も く じ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フェイスブック
facebookもチェック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。