スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人の構成員

【NPO法人の組織の構成員】
NPO法人を立ち上げるにあたり、以下のように、
法律で定められた「組織の要件」があります。
 
10名以上の正会員がいること。
役員として、3名以上の理事1名以上の監事を置くこと。
 
正会員とは、株式会社でいうところの「株主」です。ですが、NPO法人には出資という概念・行為は存在しないので、
正会員は、出資者ではなく、いわばサポーターです。しかし、サポーターと言っても、法人の最高意思決定機関である「総会」において正会員は1票の評決権を有しますので、重要な存在です。
(法律等では、正会員のことを「社員」と表現されています。この場合の「社員」は法人職員のことではありません。
けれども、「社員」と書いてしまうと、一般的には「職員」のことと混同してしまう可能性が高いので、私は「正会員」という表現を用いています。)
この「正会員」が10名以上いないと、NPO法人の設立ができません。
 
理事とは、株式会社でいうところの「取締役」です。これは、経営者側の人間ですね。
よって、理事には経営責任があります。責任の重い役職と言えるでしょう。
 
監事とは、株式会社でいうところの「監査役」ですね。理事による業務執行が正しく行われているか監査したり、法人の財産の監査をする役目があります。
 
私がおもしろいと思うのは、
NPO法人の正会員は、一般市民であれば原則的に誰でも正会員になることができます(入会金と年会費を払えば)。悪意などがない限り。
そして、経営者側は、その入会を基本的に拒否することはできません!
誰でも、どの法人の正会員にでも、なることができて、総会で1票を投じることができるなんて、なんて自由なんだろ。
 
役員については、誰でもなれるわけではありません。欠格事由(破産者、禁固刑から2年を経過しない者、暴力団など)がないこと、そして配偶者や3親等以内の親族でないこと。
(正確には、役員が理事・監事合わせて6名以上いる場合にかぎり、配偶者や3親等以内を1名のみ役員に入れることができます。)
ほとんどの場合、家族や叔父さん叔母さん甥・姪は、不可ですね。
(正会員は、家族でもOKです。)
 
監事は、第三者として法人の監査をする人ですから、理事と監事を兼務することはできません
(正会員と理事を兼務することはできますし、正会員と監事の兼務もできます。)
監事さんは、弁護士さんや税理士さん、会計士さんなど、監査のできる職業の人が望ましいそうですが、必ずしもそうでなくていいようです。
 
以下に、NPO法人の法律で定められた組織図を示します。
NPO法人の組織図
上図の(赤い字)の部分は、法律で決められているわけではありませんが、各法人の定款でそのように定めることができます。
 
(これって、「日本国憲法下の三権分立」の図に少し似ていると思いません? 国会・内閣・裁判所だっけ。)
 
このように、NPO法人の設立には「正会員10人・理事3人・監事1人」という人員が必要です。
初めからたくさんの人材がいらっしゃる組織なら、人員を集めるのも苦労ないのでしょうけれど、
大半の法人は、これらの人集めにまず苦慮しますよね。
たいていの場合、代表者さんが「知人によく話をして十分にご理解をいただいて、頭を下げてお願いして、ご就任いただく」という手順を踏むのではないでしょうか。
いきなり「正会員になってください」「理事になってください」と言われても、知人の方も困ってしまいますよね。
 
 

テーマ : ソーシャルビジネス・社会的企業
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

経 営 者

大橋日出男

Author:大橋日出男
NPO法人でバリアフリーの旅行会社を立ち上げました。
15年間、看護師として大学病院に勤めた後、退職。
 
現在は、障害や病気をお持ちの方むけのオーダーメイド外出・旅行サービスを手掛けております。
看護師等が外出や旅行に付き添うことで、旅の安心と安全を全力でお届けします。
旅行前の、ドキドキ感やワクワクを感じていただきたい。
そんな私の起業・経営の日記です。

「公式ホームページ」へ
も く じ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フェイスブック
facebookもチェック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。