スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO設立編②

【社会企業として】
 
なぜNPO法人なのか。
「えっ!? 大橋さん、NPOなの?? 非営利でしょ?お金とらないの??」と、
ときどき言われます。
NPO法人は「特定非営利活動法人」。 非営利といえども、収益は上げますし、給料ももらいます。
弊社の職員にも私にも、生活がありますから。
 
日本のNPO法人の起源は、阪神淡路大震災だそうです。震災の支援のために、たくさんの任意団体やボランティア団体が出来て、活動した。それらの団体がもっと活動しやすくなるように、法人格を与える法律の整備が進められた。契約行為をしたり、銀行口座を持ったり、職員を雇ったりできるように。そうして出来たのが、日本のNPO法人と言われています。
 
ボランティア団体と非営利法人や非営利組織との違いは、何でしょうか。
プロでないか、プロか、だと私は思います。
非営利な組織といえば、警察だったり、学校だったり、病院だったり。
それらは営利目的ではないけれど、職員は給料をもらっているプロです。ボランティアではありません。
営利目的ではないけれども、収益を上げています。
 
では、収益を上げるのは、何のため?
それは、事業の存続性と責任のためでしょう。
職員は、給料をもらわなければ生活していけません。生活ができなければ、サービスの提供もできません。
また、お金をもらってサービスしてこそ、プロとしての責任と質を保てると私は考えます。
(お金をもらわずに質の高いサービスを提供できるプロフェッショナルの人もいらっしゃると思いますが、私には難しいです。)
つまり、収益を上げるのは、質の高いサービスを提供するためです。
収益は、サービスの改善に用いて、社会へ還元したいのです。
プロフェッショナルな社会企業として。 
 
 
 

テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

経 営 者

大橋日出男

Author:大橋日出男
NPO法人でバリアフリーの旅行会社を立ち上げました。
15年間、看護師として大学病院に勤めた後、退職。
 
現在は、障害や病気をお持ちの方むけのオーダーメイド外出・旅行サービスを手掛けております。
看護師等が外出や旅行に付き添うことで、旅の安心と安全を全力でお届けします。
旅行前の、ドキドキ感やワクワクを感じていただきたい。
そんな私の起業・経営の日記です。

「公式ホームページ」へ
も く じ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フェイスブック
facebookもチェック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。